フリーダイヤル 0120-41-4021

葬儀式場を選ぶ際のポイント

 葬儀式場には、火葬場併設の式場もあれば、通夜・告別式は式場で行い、霊柩車やマイクロバス等で火葬場まで移動する単立系の貸式場があります。それぞれの式場には以下のようなメリットとデメリットがあります。
【火葬場併設の式場のメリット】
①出棺時、式場から火葬場への移動が徒歩(一部霊柩車使用)で行けるので、肉体的な負担が少ない。
②ご火葬中の精進落しになる事が多いので、時間に余裕が持てる。(民営の火葬場はご収骨後のお食事です)
【火葬場併設の式場のデメリット】
①葬儀の日程を決めるにあたり、希望の日時で予約する事が難しい。(上記の理由で人気があるため)
②複数の式場が有るため、(音楽葬や献奏など)音楽を流したりする式には不向きな事もある。
【単立系の式場のメリット】
①比較的希望の日時で予約を取ることができる。
②単立の式場なので、静かにゆっくりとお別れをする事ができる。
【単立系式場のデメリット】
①式場とは別に火葬場を予約するため、場合によっては早朝や午後の告別式になることがある。
(精進落としの時間が早くなったり、遅くなったりすることがある)
②霊柩車やマイクロバスが必要になるため、式場によっては火葬場併設の式場よりも金銭的負担が掛かる。
③火葬場までの移動時間を充分に考慮しておかないと、出棺時に慌ただしくなり、ゆっくりとお別れが
 出来なくなるのみならず、最悪の場合、火葬が予約の時間にできなくなる。
以上のことを考慮し、式場を選ぶ必要があります。
東京都の式場を探す
東京都旗
千葉県の式場を探す
千葉県旗
神奈川県の式場を探す
神奈川県旗
埼玉県の式場を探す
埼玉県旗

ほっとダイヤル

↑ PAGE TOP